これを知らなきゃ損をする!

現在、書店で爆発的に売れている書籍「瞬読」

 

聞いたことありますか?

 

 

  

 

 

 

もし、聞いたことがないのなら下記の動画をご覧ください。

 

 

 

 

当然「嘘だろ〜!」ですよね。

 

 

でも、実際に体験会に参加して、この方法で練習すれば絶対にいけると確信しました。

 

 

たったの90分!その結果がコチラです。

 


 

 

こういったものは実際に体験しないと本だけでは分かりません。

 

これが 瞬読の1日体験で得た結果です。

 

 

これ以下の人もこれ以上の方もいましたが、たった1回のレッスンで参加者平均は4倍速になっていたと思います。

 

 

3級レベルの平均でしょうか。

 

 

どちらにしても今まで1分で511文字程度(A4の原稿用紙が400文字なので1枚少し)が一気に6枚読めるようになったのには驚きです。

 

 

因みに、速解力検定という速読のスピードを測る検定がありますが、その検定での最上級である5段で、2100文字/分です。
しかも、このレベルまで到達するのに早くても数か月から数年はかかると言われています。

 

それを考えるといかに「瞬読」が強力なのかが分かります。

 

 

瞬読で3級なんてまだまだ序の口レベル

 

動画の小学生のように信じられないレベルになるには継続して講座を受講する必要があります。

 

ただ・

 

「いやいや、分2400文字読めれば取り敢えず充分でしょう」というアナタのために

体験会で得たその方法をパワーポイントでツール化してみました。

 

実際の体験会では、動画も音声も写真撮影も厳禁でしたが、私が瞬読するのに必要かつ充分だったというレベルでまとめています。

 

また、瞬読をマスターするには右脳を強化する必要があると講師の方が力説していましたが、この方法についても簡単かつ合理的にできるその鍛え方も教えます。毎日これで右脳を強化し、瞬読方法をオリジナルツール化したパワーポイントで最低2倍、早い人で20倍の速度で読めるようになるでしょう。

 

 

1分で2400文字ってどれくらいなの?

 

テストでは太字の部分の500文字ほどしか読めなかったのが、レッスン後には後半の部分まで読めるようになった。恐るべし「瞬読」

 

「速聴とは、音声を普通より早い速度で聞くことができる能力開発の方法の一つです。速聴機を使って行うのですが、普通より早いスピードで音声を聞くことができるようになれば、脳が活性化されますから、そのことによって、記憶力もアップしますし、理解力や、判断する力なども、知らず知らずにアップすると言われています。早い音声を聞くということで脳を刺激すれば、脳神経細胞が活発にネットワークをつないでいくからです。

 

速い音声を聞くということは、脳神経細胞は、その速度に合わせて理解しようとして、シナプス接合という、情報伝達に欠かせないネットワークを、かなり強くしていきます。よく「あのドラマに出ていたあの女優さん・・・」と言って思い出せない人がいますが、これはシナプス接合が、かけていると言ってもいいと思います。シナプツ接合が活発に動けば、それだけ脳の働きもスピーティーに動くことになります。そのためには、脳に刺激を適度に与えるのがいいのですが、速聴させることで、脳に刺激が伝わって、情報を処理する早さがアップして、俗にいうところの、頭の回転が速いという状態になるのです。
速聴は脳を活発に動かす方法としては、とても効果的な方法で、スピードの速い言葉で話しかけられると、その内容をきちんと聞きとるためには、かなり集中して耳を傾けなければいけません。このことによって、訓練を続けていけば、聞いたものをすぐに頭で理解できて、能力開発につながるのです。

 

速聴をすることによって、どのような能力開発の効果が出るのでしょうか。色々な力がアップすることが分かっていますが、例えば、どんな力なのかと言うと、まず一つ目として、集中力のアップがあります。早い音声を集中して聞きますから、それだけで集中力のアップにつながります。そして記憶力や創造力、表現力もアップします。右脳が速聴によって活発に働きますので、それがきっかけで、創造力や表現力もアップするのです。

 

速聴をするということは、ビジネスの面でも成果が十分に発揮できる効果が現れます。たとえば企画力や判断力、理解力や決断力がアップします。企画力は、アイディアがひらめいたりして、さえる頭に切り替わりますし、瞬時に判断することができる力も身に付きます。理解力は、普段速聴に慣れているせいもあり、普通の会話の速度が遅く感じて、その分、内容をしっかり理解できるようになります。大事な時に優柔不断で迷わなくなるという決断力も付きます。
そして先見力、学力のアップ、ビジネスマンにとっては必須の事務処理力、観察力や指導力などもアップしますから、リーダーシップを発揮できるようになり、それにともなった実行力も身についていきます。
速聴をするということは正しく読解する力も付きますし、洞察力なども付いてきます。このように、速聴を続けていることによって、能力開発とは言いますが、このように様々な力が付いてくるということがよくわかります。

 

速聴は、寝ている脳の働きを起こす方法です。人の脳は、すべてが常に動いているというわけではありません。人の脳の中で、一番精神活動に関わっているのは、大脳皮質と呼ばれている部分です。大脳皮質は、140個以上の脳神経があるのですが、その中で実際に動いているのは3%にも満たないと言われています。ということは、残りの97パーセントは、眠ったままの状態であるということになります。

 

この寝ている97%の脳神経細胞を動かすことで、他の人より差をつけることができるようになります。この97%すべてを目覚めさせるのは難しいですが、たった1%出会っても目覚めることができれば、他の人よりも色々なことができる能力を身につけることができるのです。
世の中には、頭の回転が速いとか、頭がキレると呼ばれる人たちがいますが、これはこの、一般的に眠っているといわれている97%の内の何%かが起きているのではないでしょうか。

 

そのために寝ている脳神経細胞を起こす方法として速聴があるのです。速聴をすることによって、普段は寝ているはずの脳神経細胞に働きかけられ、刺激を与えることになりますので、寝ている97%の内の何パーセントかが起きることになります。
これが速聴の効果が現れていることになり、起きた能力が開発されて、集中力がアップしたり、企画力がついたり、判断力がアップするなどの様々ないい影響を与え始めることになるというわけですね。速聴は、眠っている潜在能力を起こす働きがあるのです。

 

速聴をしたいと思っても、意外に教材が高かったりして、びっくりした経験があった人もいるかもしれませんね。速聴機と呼ばれる機械を使っていたころは、本当に高くて、数十万円もしていた速聴機もあったようです。しかし最近は速聴と言っても色々なタイプが出てきました。
無料でお金をかけずに速聴ができるというタイプの物もあります。お金をかけてまで速聴することに抵抗があるという人は、無料の物を探してみるといいと思います。無料の速聴のグッズとしてはソフトが一般的ですね。フリーソフトとしてダウンロードが無料になっていて、パソコンを使って聞くことができます。
普通は速い速度で音声を聞こうと思っても、なかなか普通では聞くことができませんが、無料で速聴出来るソフトを配布しているサイトでは、4倍速くらいで速聴を実際に聴けるものもありますので、無料速聴専門のサイトへいってみて、好きなソフトをダウンロードしてみるといいと思います。種類豊富に取りそろえているところもありますので、探してみるとよいでしょう。

 

無料で速聴ファイルをダウンロードした後は、ストリーミングを使ったりして、聞けば、早速今日から速聴を始めることができます。毎日数分決めて、速聴するだけで、お金もかけずに無料で集中力を高めたり、速聴の効果を身につけることができますからお勧めです。
自分にとって速聴があっているのか、まず確かめるためにも無料から始めてみてもいいですね。
「速聴英語というのは、速聴する際に英語を聞くことを言います」。

 

ここまでで、約2400文字

上記文章は文字数を確認するもので「瞬読」の内容とは一切関係はありません。

 

資格試験・ビジネス書などに活用できる

最初の小学生レベルとまでとはいかないけれど、1分で上記の文字数を読破できれば色々な書籍を楽しむことができると思いませんか?

 

参考書・ビジネス書・資格試験・趣味本・小説etc..

 

また、音楽をやっているのであれば譜面を簡単に暗記できてしまいます。

 

この瞬読は少し慣れてくると内容もしっかりと憶えられるところが凄いところ。しかも、憶えているから書き出すことも可能なんです!

 

読書スピードが上がることで、今までと同じ時間をかけて同じ本を何度でも読むことが出来るようになる。

 

楽しくマスターできるようにpower pointでツール化

 

何度でも練習できるので分/2400文字なんてあっという間。

 

3級レベルで分/10000文字も目指せる。

 

それ以上になるためのヒントも・

 

 

その方法を今すぐマスターする!

14.800円(税込)

ダウンロード版(free powerpoint-viewer2010付)